スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日の補足?蛇足?

読んでみておどろく、という話にちょこっと。
今回はちょうど京都へ行ってきたことや、
なんとなく感じているけれど言葉にならない
その京都の「感じ」だとか、
私はもちろんお腹に鉄の棒がささったり
したことはないのだけれど、秋にお腹の
手術をしたことだとか、ほんのちょこっとの
ことなのだけれど、ほんのちょこっと
「とてもわかる」気がして。シンクロできたような。
そんなこともうれしかったりしたのです。

前はウクレレのことで頭がいっぱいのときに
本棚からすっと「これを読もう」と取った本が
『サウスポイント』でした。
角田光代さんの本でもときどきあるなあ。
なんか、ちゃんと手が引いちゃうのでしょう。

そんな風に、ちょっと息づきができたなあと
感じていた昨日の今日ですっごく具合が悪くなったり。
21時で仕事を終わらせてもらって、
帰りの地下鉄でちょっとあぶないわーという
感じになってしまったり。何年かぶりの
過呼吸、パニック症の前兆みたいな
いやあな感じがじぶんでわかってしまって、
本気でこれはいかんと。
あわててなんとかじぶんを落ち着けて、
思い切って母の所へ行って背中をさすってもらいに
(つまり甘えに)行きました。

なんつーか、わかってたんだー。
決して卑下する意味ではなく、純粋にじぶんの
バカぶりはわかっていて、でもなんとか、
かなり必死にならないとまわりについて行けなくて、
がんばってるつもりなんだけどやっぱり
アホウなのでできないことのが多いのね。
ほんと、じぶんのことをなんとかしたくて、
そうしないと他の人にも何も出来ない気がして。
体ががんばってくれてるの、無視してました。
「見ないふりをする」っていちばん良くないことだと
思っているのに、じぶんのからだを見ないふりしてました。
私はひとよりかなりがんばらないと、
色んなことができないし、すごくなまけものなので
常に追い込んでないとダメなのですよ。
でも、そんで具合悪くなったら意味ねえよ!っていう、ね。
反省。

きりっとする、へらへらする、ゆるめる。
いつも思うけれどやっぱりバランスだなあ。
しばらくゆるめにしようっと。
(だらだらはしないようにー)

んー、でもなんかこうやって書くと
「がんばってるわたし!」みたいでやっぱり
それもいやだなあ。
そうじゃないんだようおうおうう。
できてねえんだようー。

これを、じぶんの思うように伝わるように
書けるようになりたいなあと思っている
ところであります。ウス。

スポンサーサイト

  1. 2012/02/28(火) 00:23:20|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

よしもとばなな/スウィート・ヒアアフター

なぜだかよしもとばななさんの本は、
ほんとうになぜかわからないのだけれど、
そのとき自分が欲している何か……キーワードだったり
ものだったり、ことだったり……自然に自分の手が
その本を選ぶように手に取って、読んでみて
おどろくことがあります。
もちろんあらすじなど全く知らずに
「今日はこれだな」と思って手に取るのです。
今回もそうでした。

よしもとさんの小説って、特に最近のは
「なんじゃこりゃ」と思うこともところどころ
あったりするのです。なのに、だけど、
思わず息を飲み込んだり、くるしくなったり、
泣きそうになったり、「どうしてこんなことが
言葉になって、自分に向かってピンポイントで
来ることがあるのか」というすごい
ポイントになる部分が必ずあるのです。
それはやはりよしもとばななさんでなくては
書けない言葉で、なんというか、
やっと息継ぎができたよ。と思えるような
瞬間がやってくる部分があるのです。

今回もそうで、本当に驚いた。
いま、自分が求めていることがそこにあった。
自分にそれを「引く」能力があることも
わからせてくれるようで、とてもよかった。

それとは違うことで、この本は、
震災のことを考えながら、でも震災には
全く触れないで描かれている物語で。
それも私をすごくすごくぐっとさせました。
そうなの、こういう風に励ましてくれるような、
そんな力強くなくてもいいけど、どこかで
寄り添ってくれるような、そういう本が
読みたかったんだなあ。って。

私もいつか、こんなすごい風ではないけれど
小さく小さくでいいけれど、
誰かになにかできたらいいなあ。

そうそう、この週末、心身ともに
ダウンしていたおかげか、連続して3回も
この同じ本を繰り返して読んでしまった。
私、良いと思った本は「もういいんじゃないの?」って
言われるくらい読むんだー。


さて、それとは一転、次に読む本は
震災を真正面から、の糸井重里さんの
『できることをしよう。』をようやく。
サイトではそのときその時読んでいたけれど、
本になって活字になって、手にとっても
目が泳いでしまって、(たぶん怖いのだと思う)
なかなか手を出せずにいました。
いや、一度はサイトで読んでいるのだ。
読めないわけがないので、読みますようー!


  1. 2012/02/26(日) 21:56:11|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

スイッチ。

今週は土日のどちらかでトーキョーへ行こうかなあと
考えていたのですが、キョートへ行ってきました。
ウメサオタダオ展へ行けなかったのはとても
ざんねんですが、仕事と体調とお財布の都合で西へ。
っていうか、単純に、どうにも、
旅っぽい遠出がしたかったのと
頭をスッキリさせたかったというのもあって、西。
お伊勢さんでも良かったけれど。
あ、奈良でもよかったかも。
土曜日、もにゃもにゃと行きたいところを
考えたら京都になりました。
で、あわててバスのチケットとって本日ゴー。

京都まで来ておみくじひいて、
(おみくじは滅多にやらないのです)
見事に『凶』を出してみたりしたのですが、
逆に、というかなんというか、
よからぬものをぜんぶ落っことしてきたような感じで
すっきりと気持ちをスイッチしてこれた気がしてます。
いま、いいかんじ。

『凶』が出たとか、なにかひもが切れたあとって
一瞬ドカーンと落ち込むけれど、ちゃんと
良いことが起きたりするので、
わりと「ま、いっか」とも。
ふふふ。たぶん、良い。
いいと思うことはひみつにしないで書いておこう。

むちゃくちゃ疲れておりますが、
むちゃくちゃがんばらないとあかんので
これで気合い入れ直せますぜいー。

押忍。


  1. 2012/02/20(月) 01:01:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2と8がすき。

って、自分の数字だから。
誕生日なのでした。
冷戦中かと思われた母から電話があって
ケーキをプレゼントされました。
うれしいね。
ツイッターで友だちからおめでとうメッセージを
もらったりもして。良いものだ(笑)
かなりうれしくない年齢になってきましたが
それでもよろこんでいくのです。
にこやかに、げんきに。

伊藤若冲さんと同じ日なのもちょっとうれしいなー。

DSCN1373.jpg



  1. 2012/02/08(水) 23:59:59|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ほぼ日手帳のことなど。

ほぼ日手帳、つかってますかー。
私は結構長くつかってますー。
でもいまいちどころかじぇんじぇん
使えていない気がしますー。

ぜえぜえ。
すみません。

先日、スガシカオさんのブログでも
まわりはほぼ日手帳が多いような
ことが書かれていました。
地下鉄の中とかでも見たりするし
けっこう多いなあと思ったり。

と、今日はそういう話ではなく、さっき、
7-11のプリントサービスを使って
8分割プリントしてきたケータイ写真を
切っていて気づいたのですが、数年前の
とんでもない、すっちゃかめっちゃかな
日々だった時よりも、現在の、
なーんにもないへーわな
(ここはあえてこう書きます)
日々を送っているいまのほうが
手帳の中身は充実してるな、って。
ああ、「なんでもない日おめでとう」って
こういうことなのかな、みたいな。
(ちなみにすっちゃかだった年のは、
 そんなひどい日々のことは書き記すのも嫌で
 ほぼ真っ白な手帳です)

毎日のお弁当の写真や、その日着た服、
仕事の内容をこまごま書いてみる。
絵もちょろっと入れてみる。
あっという間にページが埋まっちゃう。

そんで気づいた。
去年一年、いつもよりもマジメに手帳に
いろいろ書いてみたのです。
そしたら毎日「なんか良いことないかなあ」
「なんもない日々だなあ」なんて考えていた時が、
きちんと色づいていたことがちゃんと
記されていて、つまりカラーで思い出されて
悪くないじゃないか、なんて思ったり。

すっちゃかめっちゃかだった日々のことは
忘れたくても忘れられない。
でも、なんでもなかった日はかなり忘れる。
そうか、これは後から見るためのものなのか、と
ほんっっとうーーーに今さらのように、
いまさっき気づいた(笑)

なので、最近流行りの「忙しいひとのための」とか
「仕事のための」みたいな「手帳術」じゃなくて、
その反対の「ひまひまなひとのための手帳術」。
そんな感じで考えたら「手帳がどうの」じゃなくて
毎日のために良いのかもねー、なあんて
お風呂で考えてました。
急に毎日が充実しているひとみたいになりそう(笑)
(まあ、紹介されている方たちのような
 すてきな使い方はできてませんが/笑)

なんか、未来の自分に「がんばれ」と
先に書いておくみたいな感じかなあ。

そんなわけで、ちょっとまじめに
使ってみているのでした。
高いもんねえ!使わなくっちゃねえ!


【おまけ】
C&Aな方への補足的なものなど。
「未来の自分に『がんばれ』」って
ASKAさんも以前言っていたけど、
それって、『THE TIME』の頃から
知ってたじゃん。
私ばかねえー。


  1. 2012/02/05(日) 22:48:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

書かないのか書けないのか。

体調は重量が増えるほどに良好なのですが
どうも文章が止まっています。
そのまま思うままに書けばいいじゃん、と
思う気持と、伝えたいと思うことを
きちんと考えてから書きなさいよ、と
思う気持がごっちゃになって
結局なにを書いてよいものか
わからなくなっちゃったりして。
テキストエディットに書いてみて
やっぱりこれはネットで出すような
ものじゃないなあ、と思ったり。

ああ、うだうだうだうだめんどくさいわい!
と己にビンタくらわせたい気持にも
なりつつ、Macの前でうなっております。

まあ、それもよし。
へらへらしながら悩めなやめ、わたし。


  1. 2012/02/02(木) 00:19:34|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。