スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

怒濤の3月が終る。

よかった…。
ぶじに4月を迎えられます。
やりたいことと、体調と、ニコたんの入院と、
えらいこと大変になってしまいましたが
なんとか乗り越えた感じ。
4月になったら東京の友だち
(関東OB会とも言う)と
あっちでお花見するんだー!
と、それを楽しみにしていたりも
したのですが、どうもできにゃい…。
ニコたんの入院費でおでかけどころじゃ
なくなってもーた。
ええ、遊んでる場合じゃないですよね。
友だちにメールしなくちゃです。
ちょっぴりしょぼん。

それにしても、じぶんで言っておいてなんですが
ほんとに心から「できない」とさえ思わなきゃ
けっこういろんなことがなんとかなるものだなあ。
徹夜もむりー、とか言っておいて
ほぼ2日完徹でした。よれよれだけどわりと元気。
結果が出るに越したことはないけれど、
今回は出なくてもやりきるのが目標のことを
やっていました。なんだかは言わないけど
自分のいちばん苦手な分野です。
ここ何年か続けてます。まだやる。
すごく苦手だけどすごく楽しいのだ。

まんが描くことと言い、仕事の追い込まれようといい
なんちゅうか、わたし、そういうの好きだな。
どえむか。

いやいやいや、つらいの嫌い。
しょんぼりすること多いのだけれど、
楽しい4月以降を楽しみに、さよなら3月であります。
いえいっ。

スポンサーサイト

  1. 2012/03/31(土) 23:21:35|
  2. 考える|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

宣言しとこ!

ひさびさに完徹のよかん。
(それブログで書く必要性はあるの?)
(気持ちの問題ということで)


  1. 2012/03/31(土) 01:33:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アイドリングストップ

ほんとにな!
おのれのな!

エンジン全開でぶっ飛ばしたいのに
ずっとアイドリングしっぱなしで
全然進んで行かない感じで停滞してます。
そんで余計にむずむずしたり
うじうじしたりするのねー。
ほんとやだ!
おれのばか!

そう、じぶんを罵るも、やっぱり
進まなくてもう一回ひっぱたく。

なんのこっちゃか。

昔から自室で勉強ができないやつなのです。
東大にいっぱつ合格しているコは
おうちのリビングで勉強してるひとが
多いと聞くので……私など、ほんと
良くないだろうとゴーン。
いまも自宅なのでアイドリング中。
どうしてもだらけちゃうんだなあ。
もー、ここんとこずっとこんなことばっかり。
じぶんでやんなっちゃう。
早くスカッとしよう。
そんで遊ぼう!

よし、深夜だけどブラックコーヒー飲んで
あと二時間やろうっと。


  1. 2012/03/30(金) 00:28:32|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

寝ないと死ぬる。

ほんとにもー。
こんな時間にブログ書いてる場合じゃないっての。
と思いつつ、書く。

以前は何日も徹夜とか、完徹とかわりと
平気だったのですが、もう何年も前からだめ。
ぜんぜんできません。
いや、できなくはないのだけれど
翌日とか何日も使い物にならなくなるので
できないと言っていいでしょう。
一昨年からの体調不良のせいで
加速しちゃいました。
これが、きついというか、困ると言うか。
長年染み付いたものがあって、
「このくらいなら無理がきく」の
感覚がわかんなくなっちゃった。
「早く起きればいいや」と思っていたことも
厳しくなってきた。

参っております。
だからと言って負けられないのね。
じぶんの体をなめてはいけない。
過信してはいけない。
もうよおーっくわかっているのだけど
じぶんの体だからこそがんばらせちゃう
のですよね。
だめだめっ。
でもあきらめることなくすべきことを
しようと、わりとまじめなわたくしでござい。


  1. 2012/03/26(月) 00:33:57|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

5月になったら

ぜったい良くなるから!
今月と来月乗りこえたら
今だけだよ!

なんのこっちゃかと言うと、
私の胃を診てくれてる先生が
つい先日言ったせりふ。
もちろん胃の話。

じゃっ、30日分薬出してあげるから
がんばろう!だいじょぶ!
5月5がつっ。ね!

だって。
すごいスピードで話して話しながら
次の検査に行こうとしてるし。
なんちゅうか、良い先生です。
私の知ってる良い先生ってなんかみんな
こんな感じですごい「速い」の。
話しながら動いてどっかいっちゃう。
でも聞いてくれないわけじゃないし
当たり前だけどきちんと診てくれるし、
すぐに紹介状書いてくれるし。

そういうひとがこんな風に言うと
説得力あるなあ、と思ったのでした。
元気になるよ。
今朝、うちのねこさまの具合のことで
電車の中で泣いてしまったりしたのだけれど、
それ以外にも効きそうなせりふだなーと
思い出したので書きました。
元気にいこう。いえいっ。


  1. 2012/03/24(土) 00:47:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

あきらめが悪い。

悪いんですよ。
だからと言って粘り勝ちできてるわけじゃない。
でもいまちょっと、今回どうにも進まなくて
あきらめかけてる…かもしれない。
できなさそうなこと、できると思えなくても
心から「出来ない」と思わない限りは
できるのだ。
と仕事でもなんでも言い聞かせてるけど
ちょっと…弱気に…。

ということを、ナキゴトでもなく
ポジティブ強がりでもなく
なんと言うか、平熱で書きたい。書けない。
というところで、今夜は書いては消してを
繰り返しております。
昨日体調崩してダウンしてたのだけど
気持ちの方まで落ちちゃって
困っちゃったわーん。

そう、体がついていかないのが
いちばんのネックだと思う。
ウウウ。
なんとかなるなるでしょ。という気持ちで
気楽にでもまじめになんとか進めよう。
どんよりした顔していたくないのだ。
ばかだと言われてもへらへらにこにこしていたいのね。

うむ、なんとか粘って書けた……のかな。
ええい投稿。
(よくないかもー)


  1. 2012/03/23(金) 00:37:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

毎日「あと一歩だけ前に進もう」と

思いながらなんとか!
かっこわるいわー、という感じで
よれよれと進むのだ。

今日は、糸井重里さんの『今日のダーリン』に
書かれていた、吉本隆明さんのお話、
「うまいこと言えない」が、
もうどうにも勇気の言葉で、
はげしくぶるぶるとしたのですが(いまもしている)
本日やっておきたいことをすべてすませたところで
わたくし電池切れでございます。
テキストエディットに保存させていただいたので
またゆっくり噛み締めるのであります。

今日はようやく高橋源一郎さんの
『恋する原発』を読み始めました。
覚悟していたけれど、これは相当体力がないと
読めなさそう。高橋さんは吉本さんへの追悼文が
まとめられていたのでそれも読みたい。

吉本さんと言えば『よせやぃ。』を次に読む予定。
この方はとにかく編集者や対談相手の方の
ちからの入り方がはんぱなかったりするので、
どれを読むかだけで考えちゃいます。
どこか一方からだけだと偏っちゃいそうな
気もするので(私はこのとおり影響されやすいのです)
いろんな角度からいっておきたい。
まだまだ入門編にも辿り着いていないわたす。

ちっさくても前に進んでいればそれでいいのだ。


  1. 2012/03/21(水) 00:30:44|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

美容院/3ヶ月

いまショートカットなので本来なら
一ヶ月に一度は行くべきであろう美容室で
ございますが、どうしても3ヶ月くらいは
あいちゃいます。言い訳?だめな感じ?
ロングにしてると、うっかりすると
半年とか経ってしまって、せっかく
女度アップのつもりでロングだったり
巻いたりしているのに本末転倒だったりして。
で、今日行ってきました。
やっぱり3ヶ月ぶりでした。
美容師さんと話していて、そうか、と。
一ヶ月過ぎたあたりで
「そろそろ行きたいなあ」と思って、
もうちょっとと思っているうちに
仕事が忙しかったりして一旦忘れて、
うなじの辺りがもっちゃもちゃになってきて
こんな変な頭耐えられぬわ!
と電話する。のがいつものパターンです。
んもー。だめだわわたしー、と思いつつ
もうここ何回もこんな感じ。

それにしても今日ちょっと驚いたのが
女の子二人組で来てる子が何組もいた。
予約の電話でもそんなのが聞こえただけで2件。
なに?はやってんの?
ふたりで来たらたのしいの?
と不思議な気持ちになっちゃいました。
女子、つるむの好きだなあ。
そのうちどっちかが抜けがけるというのに(笑)
いや、しかし、おとなになれば嫌でも
ひとりで行くことになるだろうから
行けるときにきゃっきゃと行くのは
いいかもしれないなあ。

ちょっとおばあちゃんみたいになっちゃった。


  1. 2012/03/20(火) 00:32:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ちゃらんぽらん?

あまりに思いつきで書いたのはいかんのでは、
と昨日書いたのですが、今日はかなり
思いつきで書き始めてたり。

…と、言いつつさっきから書いては消し
考えては止め。
いや、なんか、どう書いても
「で? なに?」って話にしか
ならないんだあー。

とりあえず今日は朝早くからまあいろいろ
よく動いた日でありました。
日曜なのに弁当作っちゃったぜ。
運転もしたし、軽く飲んだりもした。
なんというか、休憩なし、みたいな
一日でありました。
あ、いや、エキストラパウダー・ホット・
オールミルクの抹茶ラテをささっと飲んだ。
トールサイズにしたら多かった…。
抹茶ラテはあまり好きな飲み物では
ないのですが、スターバックスだと
濃さなど好きにできるのでたまに飲むのです。
なんちゅうか、やる気飲料でございます。

今週、地獄の予感なのできりきりと
がんばるじょー!
しょーもない日記で失礼しましたー。


  1. 2012/03/19(月) 00:49:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

くだらなくても思いつきでも

やっぱり毎日書いて出してないと
どうも私は頭がはたらかないらしい。
これ以上ぱーになってはいかんので
必死で書こう。そうしよう。
とはいえ、あまりにちゃらんぽらんとか
何が言いたいのかわからんとかでは
いけないなあと思うので、一応
テキストエディットにまず書いて
投稿時にプレビューで推敲みたいな
こともしてから上げてます。
それでも後から見ると誤字発見するんですよねえ。
推敲は大事だ。

ところで、アメーバも使ってみようと
前に書きましたが、同じ投稿をするのも
なんなので、あっちは思い切って推敲いらず!
ぐらいの勢いのちゃらんぽらん投稿を
してみようかと思ってちょろりと書いてます。
右側にあるリンクから行けますので
よろしければぜひー。
「シロノワールみたいなスタバのドーナツ」
とか載せてます。

って、今日のブログはそうとうに
「どーでもええやんけ」な感じだわ。

いまやりたいことがゆきづまっててですね、
どうにかもっと脳みそが活発に活動して
くれないものかと思っています。
言い訳しちゃえば、昨年の手術までの
体調不良で盛大に休んだのがいけなかったなあと
思っています。うだうだ悩むのもそうですが、
体力的にきびしかったのが厳しかったなあ。

明日もぐわんばるじょっ。
オノレのためじゃ!
(なんのこっちゃい)


  1. 2012/03/18(日) 00:34:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

吉本隆明さんがいってしまわれた。

ふたつ前に『吉本隆明が語る親鸞』のことを
書いたばかりなのに、とつい思ってしまいます。
見れば一目瞭然ですが、私はうまく語れません。
必死で読んで、まわりのみなさんに
追いつけなくてそれでもなんとか
読みたくて……というような者です。
もっとずっと若い頃にしっかり読んで
感銘を受けまくっておけばよかったと
いまさら後悔しているような者です。
でも、どうにも動揺していました。

ばななさんの日記やツイートを読んでいた
こともあるのかもしれませんが、
「お父さん」「娘さん」ということでも
動揺してしまいます。どうしても。
「最高のお父さんだった」と書かれていたのを読んで、
職場のデスクでうっくときてしまいました。
(ついさっき読んだ夜のもまた)

ツイッターでも書いたのだけど、吉本さんの
本を沢山持っているわけではないけど、
『親鸞』の一冊だけでなく、どれも自分の本棚から
なくなることはないだろうと思います。
わからなかったり、うまくアウトプット
できなかったりしつつも、それでも
これからも読んでいくつもりです。

ご家族や、近しいみなさんが悲しみに
囚われすぎてしまわないことを、
吉本さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


  1. 2012/03/17(土) 02:18:09|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

まんがが好きだあ。

なーんかまじめそうに本のこと語っている風ですが
まんがが好き。すごいすき。
って、このブログはそんなにだけどサイト見たら
オタクだってのはばればれなんで今更ですが。
未だに『アリオン』と『風の谷のナウシカ』の
B5サイズ初版でかいのが本棚に並んでます。
なのにっ。
数年前に引越をして結構な数のコミックスを
処分して以来あんまり買ってないのです。
『エヴァンゲリオン』と『ガンダムオリジン』の
途中ぶりを見ては「ああ…続き買わなきゃ…」と
思うのに買ってない。買ったと思ったら
持ってるの買ってた。アホだ!
しかもランバ・ラル編で、あんたどんだけ
ランバ・ラル好きなの!?と(好きなんですよ)
突っ込んでみたりするもむなしく。

なんか、中学生のときが最高にオタクだったと
思うのですが、その一方でライブハウスにも
行ってたので(名古屋ハートランドが主でした)
どんな中学生やねん……と今になって思ったり。

現在はKISS、スピリッツ、モーニング、
スペリオール…あたりをチェックしてます。
通っている整形外科に置いてあるのねーん。
高河ゆんさんの『LOVELESS』も買ってるな。
ただ、最近は「増やしちゃいけない」と
思っているので…厳選してます。
ジャンプは卒業した感じ。
でもね、むかしのまんがもすきなんだ。
『マカロニほうれん荘』もっかい読みたい。

CA391977-0001.jpg

これ、けっこう宝物です。
幼稚園の頃、わりと初期に読んだ。
って、リアルタイムじゃないよ。
この写真、去年の今頃も載せてたので
時期的に思い出すものなのかなあ。

『のらくろ』かわいい。
店子さんのところに『小さな恋の物語』が
揃っていて、それも読んでたなあ。
手塚治虫さんは暗黒系がすき。
というか最初に読んだのが『奇子』に『鳥人体系』に
『虹のプレリュード』(これは暗黒じゃないか)
とかいうあたりなので…。

いかん。
まんが語ったらキリないわ!
前にもおんなじこと書いてるような気がするわ!
少し売ろうと思って袋に詰めてる最中なのでした。
オチついてないけど強制終了。


  1. 2012/03/14(水) 23:29:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

『吉本隆明が語る親鸞』を読んでる途中。

先行発売で購入するも、なかなか進んでいません。
わかったふりしてページをめくれなくて、
同じところを何度もなんども読んでます。
そんなむずかしく書いてあるわけではないと
思うのだけれど、なかなか進められなくて
ああ、わたし、やっぱりあたまがわるい。
うなだれそうになる自分を往復ビンタして
同じ場所を往復しつつ読んでます。
なので、内容的に「ここがどうだ」とか
「ここがすばらしい!」ということが書けません。
(ほんとうに「むずかしい」ということは
 まったくないと思います)

でもね、読み始めてすぐに、
「この本はきっと、大事に読んで、
 いつかこのふしぎな背表紙が
 割れるほどに読んで、直してもまだきっと
 大事に持っていてまた読むのだろう」
2062年のよぼよぼのばあちゃんの私が、
ベッドに横になったまま本棚を眺めたりして、
何度も直された背表紙が見えたりして
良い本だなあ、とか、あれを読むといいよ、とか
思ってたりするんじゃないのかなあ。
(ちなみに1262年が親鸞没年なのでなんとなく)
そんな風に、ふと、ほんと風のように
頭に浮かんできたのです。

父が生きてたら、
「ちょっとその本おとうさんにも見せて」
って言って持って行っちゃいそうな本なんだよねえ。
ここのところそう思う本がとても多くて
「もー、おとうさん生きててくんないとー」
なんちゅうことを考えちゃいます。
読みたいだろうなあ。
かわりに(?)私がまじめに読むけど。

こんなんでおすすめしていることに
なるのかわかりませぬが。
「これ、いいっすよ」

来月また京都行こうかな。
東本願寺で父に手を合わせて、
お釈迦さまに甘茶かけて来るのもいいな。
灌仏会あたりにいくのは厳しいかな。
(逆方面に行く予定もあるのね)


  1. 2012/03/13(火) 22:41:17|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

伝えることは難しくて

ここのところやたらまじめに考えて書いてて
わし、アホウやでそろそろ疲れたわ
と思ったのですが、続けて考えてると
どうしても連鎖のようにいろんなことを
考えちゃって。

私はひねくれ者かつあまのじゃくなのか、
なんだか妙な方向でものごとを考えてしまいます。
じぶんの意識としては
「いやいや、こっちの角度からも見たいし」
という感じなのですが、どうもズレてるっぽい。
奇をてらってるようにもなるらしい。

嫌な言い方をすれば、試験でマルをもらえるような
解答を書けないというか。
書きたくないというのもあるかな。
そう言えば確かにそうかもしれないです。
だって思ってないんだから書きたくないし
書けるわけがないだろうと。
「こう答えてほしいのだろうな」というのものとか
模範解答的なものとか、わかることもあります。
「こう答えて欲しいのだろうなあ」と
話していて思うこともある。
「そこを焦点にすべきじゃないんだけど」というのが
わかっているのだけれど、でも、
「私はこっちも気になるし、こっち側から見た感じを答えたい」
そんな場合もある。
だけど、ほとんどの場合は素直にほかのひとと
ちがうところで考えてるっぽいのです。
それを思うままに表に出します。

すると、「ズレてる」ということになって、
マルもらえない。伝わらない。
うおおおおお、伝わらなきゃ意味ないじゃないかー!

高校生の時、小論文でそれをやって、じぶんでは
よし!と思っていたのですが、先生に
「こんなもの小論文でもなんでもない!」と
盛大に突っ返され、せめられ、打ちのめされました。
さらし者だったな。
トホホ。
それでも先生の思うようには書けなかったんだなあ。

だが!しかし!
話がループになりそうだけど
伝わらなければ意味がないのじゃよ。ウー。
ズレてると思われるのならば、ズレてるなりに
着地点が合うように、わかってもらえるように。
でもじぶんの思うように書けなければいけない。

何度も失敗して、痛い目にあって、
でも治らないし治せないので、これはもう
「思うままに伝えられる努力」をするしかない。
そんな感じで最近ぐるんぐるんと考えてます。

気をつけなければならないのは、
それが「他とちがうわたし」のアピールに
なってしまうこと。
もっと大けがしちゃう。やだわあー。
むずかしいわー。こまるわあー。

ほんでこの日記はどーなんだってゆーね。
悶えつつがんばってるつもり。押忍。


  1. 2012/03/13(火) 01:09:18|
  2. 考える|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

こわいくらい「なんでもない日」

今日は少し寝坊して、ゆっくり朝ごはんを食べて、
お洗濯をして、掃除をして、お布団を干して。
小さい頃から行っている、近所のおいしい
お蕎麦屋さんでおいしいお昼ごはんを食べて。
ほんとうは母も連れて行こうと思ったのだけど
彼女も乗り気だったのだけれど、ついさっき
遅い朝ごはんを食べたとか言うので
置いてひとりで行った。
おばあちゃん年齢になるとほんと、ひとは
そうとうに自由だぜ。

彼女のこと、母だけど、あまりにじぶんと
似ていなくて得意じゃなかったりする。
でもそれでも母だしね、高齢だしね
仲良くしておこうと思うのです。
こんな日は同じ部屋にいようと思うのです。
でもまあ、ほとんど別々に過ごした。

なんだかここのところ休みになると
やたらめったら疲れのようなものが出て
眠くてねむくてしかたがない。
今月中にやり終えないといけないこと、
もうできそうになくて延ばそうかと思うほど。
(まあ、それはぎりぎりまでねばるけど!)
横になって本を読んで、読みまくって
お昼寝もして、あの時間にはNHKのAMラジオを
つけて聞いて、黙祷を捧げて。
窓の外では名古屋ウィメンズマラソンの
中継ヘリがバラバラと音を立てていて。
なんて平和な時間で、なんていう時間の無駄遣いを
しているのだろう。
「私、こんなことしてる場合じゃないし
 やる気出せなくてどうするの。こんな風に時間を
 過ごしてたらあっという間におばあちゃんじゃないの?!」
と思わず背筋がぞっとしてしまったほどに
なにごともない一日だった。

なんか、良いのだろうな。
これでいいのだ。
じゃよ。きっと。
眠れて眠れて仕方がない時は寝た方がいいらしいし。
いまできないことも、あきらめなければ
できる時がきっと来るだろうし。
つらい日々を送っているすべてのひとに
こういう時間があったらいい。

個人的には私のような者がそんなことを
思うのは傲慢なのではないかと考えてしまうのですが、
いやいや、やっぱりあったらいい。
おだやかに好きなだけゆっくり眠れる。
起きて、「あー、一日無駄に過ごしちゃったなー」
なんつってるのに気分が良くて自然に笑顔になっている。

そういう日を願っての3月11日。


  1. 2012/03/12(月) 00:17:58|
  2. HAPPY|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

スコップ団「天国にぶっ放せ!」2万発の花火中継

見た。
見ました。

これね。
あの日強引に天国に行かなければならなかった
2万人の方々に鎮魂の花火を打ち上げるという。
献花であり、お線香でもある。
とにかく天国のひとびとのための、
その人たちが見る花火。

静かで、花火の打ち上がる音と映像だけの中継。
だけどそれ以上のものはまったく必要がないと
心から思える中継でした。
パソコンのモニタを静かに眺めるだけで
こんなにも熱いものがじぶんの中で
あらわれてくるなんて。
流れるツイートを見ても鼻の奥だとか
目が熱くなったりだとか。

花火の打ち上がってゆくラインは
真っ直ぐ天国に向かっているんだな。
天国と地上が完全につながってる瞬間が
わかることがあるんだなあ。
天国から見たらとんでもなくきれいなのかな。
天国にいる、すべてのひとたちが一緒になって
よろこんでいたらいいな。
うちのお父さんなんかが
「ええねえ、こんなすごい花火上げてもらって」
なんて言ってたらいいなあ。

「愛してる」「元気です」
こちら側の都合の良い思い込みなんかじゃなくて
きっと必ず届いている。
そう感じられる中継でした。

お線香やお花、お仏壇やお墓に手向けるのは
はっきりとじぶんのため、いま生きているひとのため
で、あったりもします。(浄土真宗ではとくに)
(という書き方は間違ってるかもしれないけど)
だから絶対にまちがってたりなんかしない。
いままた改めてスコップ団の会見を読んで
その時も思ったけれど、また強く思っています。

ううーん。
重く書くのも、軽く書くのもちがう気がするなあ。
ああ、もっと文章能力が欲しい。
でも素直に思った気持ちはぜんぶ書いてとっておくのだ。

スコップ団のことは、どれもぜんぶロックなんだけど
この花火もものすごいロックだった。
「格好良い」という言葉でおさまらないくらい
カッコイイ。しびれる。

生きてる方が、しかも地震の影響を受けていない
わたしなのに、力強く、でもやさしく
背中を押してもらって元気をもらってしまいました。
ぶじに終わってほんとうによかったなあ。

ほんとにね、いつ、そのひとと会えなくなるかわからない。
もうすでに後悔しそうなことでいっぱいの
日々を送っているわたしではあるけれど、
なるべくそうならないように、
たのしく、たのしく、健康に。
でも、
「明日は今日やり残したことをやるために来るんだよ」
という希望もバリッと持って生きていこう。
しんだら困るんだから!

すべての関わったみなさまに、
お疲れさまでした。
ありがとうございました!


  1. 2012/03/11(日) 01:15:54|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

3月11日どう過ごそうか。

今週の日曜日は名古屋マラソンフェスなんだよなあ
市内、朝から夕方までもうれつに交通規制で、
いっそもうどっか遠く行きたいなあ…。
京都行ったし、もう一度もいいけど大阪…
いやいや、来月出掛ける予定だしむり。
それよりも11日じゃないか。

一年前のその日は、当たり前だけど職場に居て、
ちょうどシャチョー不在、女子ふたり。
なんだかグラグラしてる?あ、地震だ。
あれ?え?長い?大きい。
どっか遠くだ。でも長過ぎる。おかしいね。
ラジオ(ZIP-FM)は何も言わないよ、おかしいよ。
どうしよう。外出る?とりあえず全部電源落として
荷物まとめて靴はいて、机の下にいよう。
手も足もふるえて、ようやくNHKラジオにして。
私の地方は東海地震が来るから、と
40年に渡っておどされ続けて、避難訓練は
小さい頃からやってるし、防災用品だって
昔から揃えているのに、名古屋程度のゆれで
なんにもできずにふるえてました。

あの日は金曜日で、その週末は出掛けるのが
怖かったし、やらなきゃいけない〆切があったし、
二日間、母の家に居座らせてもらい、
そこにこもって一日中作業をしながら
ラジオだけつけてました。

さあ、その一年後の明後日どうする。
なんだかうまく頭がはたらかなくて、
考えられなくて。
ひとりだし、ひとりでいるか。
ねこといるか。
うーん、やはり考えられない。
そんな感じでずっといたのですが、
ふと単純に次の日曜日のことを思って、
改めてどうしよっかな、って。

東北につながる空の下、どこか良い場所を探して、
空でも見つめていようかなあとも思ったのですが、
ちょっとさみしいかもしれない。
そんなのは、格好つけたがってるだけの
ことかもしれない。(私の場合は)
ひとりでいること、普段も旅でも
ぜんぜん平気だけれど、あと何年一緒に
普通の時間を過ごせるかわからない
高齢の母といましょうかね。
「つながる」とか「絆」とか、少々にがてな
言葉なのですが、いやいや、良いじゃん。
自分からはずれなくてもいいじゃん。
おかんといようよ。

そう思った次第。

人と会うのって親でもほんと、大変だし
面倒だしやっかいだし…と思うけれど、
会いたいなあと思います。
普段ほんと、会ってないし。会えないし。
人見知りのさみしがりという非常に面倒なやつですが、
誰かとおしゃべりできることがすごくすきです。
スターバックスで店員さんと二言三言
おしゃべりしただけで気分が良くなること
だってあるもんなあ。単純だな。

は、来月集まるためのメール打たなきゃ!


  1. 2012/03/10(土) 01:16:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

アメブロを使ってみる。

そういえばChageさんのブログを見るのに
アメーバの会員になってたなあ。
放置しっぱなしだなあ。
ふと思い出しまして、webの仕事を
やっていることもあって、使い心地とか
検索の反映だとかをちょっと体感して
みたいなあと思って、引越作業をしてみました。
ふたつブログ持って、同じ投稿をするのって
なんちゅうか、なんか「うーむ…」なのですが、
どんなもんだかしばらくやってみたいと思います。
投稿しましたお知らせをする・しないで
どのくらい違いがあるのか、とか
わかったら仕事の役に立つかな。
なにか違いが出たらおもしろいなあ。

千件以上あるのに引越作業があっという間の
二日間くらいで終わっていて軽くびっくり。

***

昨日見つからなかったはがき。
結局見つけられなくて、そのまま区役所へ行きました。
そうなの、そっち関係のはがき。
そして、結局、必要なかった……ごーん……。
おーれのーばかー。

今朝、いつもよりも早起きして行ったのですが
早起きは三文の得と言うだけはある。
犬の散歩タイムにあたって、黒ラブちゃんと
チョコラブちゃんの2匹にきゃっほうと
飛びつかれて、なでくりまわさせてもらって
朝からだいまんぞく。
おいしいパン屋さんのお買い得品も買えちゃった。
明日の朝ごはんだぜ~。

***

『吉本隆明が語る親鸞』について「書きたいなあ」と
思う言葉を悶々と考える日々。
日々、そうとうに悶々。
主に雑念。
ほぼ妄想。
オノレの頭の悪さを呪うよりも
読みたい本のページをめくるのであります。

そういえばヘッセ『シッダールタ』を
読み返したいんだった。
読みたい本が多すぎて追いつけにゃいよう。

***

探し物をしていたら、シカオちゃんの
『4Flusher』が出てきて、
「これ、聴いたこと無い!」と焦ったのはしみつ。


  1. 2012/03/09(金) 00:50:00|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

探し物が見つからない。

はがき一枚なんですけど。
はがき一枚だからか…。

片付けが苦手なので、なくなっても
おかしくないと言えばおかしくないのですが
必要なものをなくすということは
滅多に無いのです。
ぐちゃぐちゃにしていても、捨ててはいけないものを
捨ててしまうことは、まあ、滅多にしないです。
って、あたりまえだあー!
どこ行ったんだあー!

無くしそうな物って、手にしている時に
「これ…」と思うことがあるんですよね。
なんか、思った気もする。けどね、やっぱり
そこまでだらしなくはないのですよ。
いちおう。
い、いちおう。
今までも必ず「なぜこのようなところに?」
という場所だったりもしますが、ちゃんと
しまわれていて、きちんと出てくるのです。

はい、動揺しているのでブログネタにしました。
最近毎日書くように戻しているおかげか、
毎日拍手をありがとうございます。うれしいです。
今日はどーしよーもないものですみません。

そしてそして、私は心から反省して
もっと美しい部屋にしなければなりません。
美しくない部屋は顔に出るのです。

はやく出てきてー。
あと一時間以内に出てきてー。


  1. 2012/03/08(木) 00:01:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

雑食でござる。

このブログを読んでくださってる方には
知っとるわ!でしょうが、音楽に関して
かーなーりー、雑食です。
なんか、先日ツイッターで見た、

最近のJ-POPの歌詞
翼広げ過ぎ 瞳閉じすぎ
君の名を呼び過ぎ
会いたくて会えなさ過ぎ
私弱すぎ
桜舞いすぎ
親感謝されすぎ
季節めぐりすぎ
君のこと考えすぎ
もう一人じゃなさすぎ
大切な人居なくなくなりすぎ
(引用おわり)

は、笑ったけど!
ずばり苦手だけど!
たぶん西野カナ歌えるんだけど!
(まじでか)
流行ってるのはじつはよくわからんけど!

先日もシカオちゃん行ったし、
矢野×上原すんごかったし、
いまはスピッツの『おるたな』聴いてるし、
CKBも、宮沢和史さんも、ウルフルズも
ライムスターからクレバも。
OKAMOTO'Sもサカナクションも
あとは最近はなんだ、SEKAI NO OWARIもいいな。
THE BAWDIES、back number、ねごと…
書ききれぬ!
新しいひともラジオのおかげでけっこう
チェックしてます。もちろん洋楽も。
NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDSなんて
むちゃくちゃ行きたい。
BUMP OF CHICKENとかRADWIMPSもライブ見てみたい。
む、ほんとに書ききれない。日本のバンド中心に
書いてみましたが、思い出せないのもかなりあるなあ。
あ、日本のヒップホップは苦手です。ごめん。
永ちゃんはC&Aより半年長くライブ行ってますな。

元はクラシック。ピアノやってた。映画音楽も好き。
サックスやってたしもちろんJAZZも好きです。
なんちゅうか、いいなと思うものは
ぜんぶ聴きたいんですね。
小さい頃から家にはLPレコードがわんさかあって、
ジャンルがそれこそめちゃめちゃでね。
(なぜかビートルズは無かったんだけど)
コンサートも岩崎宏美からオペラまで
いろいろ連れて行かれた。
きっとそのおかげです。
音楽はほんとたのしい。すばらしい。

なのでね、余計にね、なにか特定の音楽に対して
(つまりここでならC&Aに対して)
「ふうーん」って顔されるのが快くないのかもしれない。
私も好き嫌いはあるけれど、そういう顔はしないでねー。
私もしないからー。
と思うのでした。


  1. 2012/03/07(水) 00:06:22|
  2. Musicいろいろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

春の嵐?

昨日のブログを書いて、さらに震災関連の番組を
見ながらふと思ったのだけれど、
私は名古屋と言う街をとても愛しているけれど、
名古屋以外のどこでも暮らしの場所を
変えてもかまわないと思ってます。
むしろちがう土地で暮らしてみたいと思ってます。
どこでもはたらけると思うし、わりと身軽だと思う。
けれど、今回のようなことになってしまったら
そのときはどうなんだろうな。
その街を置いて出て行くような、罪悪感のような
気持ちになったり、ここを元に戻さなきゃ、と思ったり。
そうしたらもしかすると他へ行く気には
なれなくなるのかもしれない。

そこにとどまるひとのことも、離れるひとのことも
責めたりするのはやはりまちがいだと強く感じた次第。

***

「負けがこんでいる」と書いたのだけど、
確かにそうなのだけど、べつに、だからと言って
不幸だなあと思ってるわけでなはいです。
当たり前かー。
ほそぼそ、たいへんに地味ですが悪くはないと思う。
いま胃の調子が悪いけれど、まいにちごはんは
おいしいし、家賃も払えるし、確定申告もしなくちゃだし。
ねこも元気になったし。

ただ、時々、ものすごい嵐のように気分が
悪くなる日があって、そうするともう、
いらいらしちゃって、むかむかしちゃって
もうたいへんです。
今日がその日だった。
ツイッターでガス抜きさせてもらってました。
(すまぬ)
こういう日はまわりにいやーーーな空気を
がんがんに出してしまって、後からどんよりします。
が、まあ…ごめん…。

こういうときの自分メンテナンスはやはり
あたためるかな。帰り道にスタバに寄って
フルリーフチャイラテをカスタマイズして
あったまってきました。ほっとしたー。
あとは顔マッサージして、強引に口角上げます。
押忍。

***

糸井さんの『今日のダーリン』の「自己肯定感」、
なんだかじぶんにタイムリーな気がして
苦しいのとほっとするのと両方だった。

ズレてるかもしれないけれど、この何年かの間、
「じぶんは透明人間ではないかしらん」と
思えるようなことがいろんな場面であって、
それこそ「いないほうがいいのかもしれない」という
思いにかられそうになることが、時にあります。

ただ、私にはしあわせなことに、お互いに
「あんたの魂のピンチ時にはいつなんどきだって駆けつける!」
という友人がひとりじゃなくいてくれるので
大丈夫なのですが、それでも思うことはあるんだなあ。
(そんで今日みたいな嵐が?)

「昼寝してる犬の寝顔」かあ。

毎晩ね、うちのねこに「さあ寝るよ」というと
あわてて逃げるんです。取っ捕まえて抱き上げると
ぎゃおぎゃおと助けてくれと言わんばかりに鳴く。
で、ぼすんとあったかいお布団にほうりこむと
数秒でほわわん、として、私の腕枕にもっふりおさまります。
その時の顔がたまらないのです。
思わず思い出しちゃった。
もうれつに大事にしないといけないもののひとつです。

まあ、気温の上昇とともにフラれるんですがね…。
(上げて終わろうと思ったのに!)


  1. 2012/03/05(月) 23:09:44|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

できることをしよう。/糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞

いま、じぶんがいわゆる「負けがこんでいる状態」
のような気がしているのだけれど、
震災のニュースをを見ると
そんなこと言えないなあと思ってしまう。
いやいや、それがなければ充分に言ったって
いいようなことが起きてるんだから、
パーソナルなことなんだから、
じぶんの精神の健康のために
弱ってるなら弱ってるって言ってもいいじゃん。
どっちもで揺れてます。
たくさんのひとがそうなのだろうと思う。
その揺れたりぶれたりがますます
じぶんを弱めてしまうのもわかってるんだなあ。

なんにもなくなってしまった中から
すごいパワーで這い上がってきているひとびと。
強がりだったり、から元気だったりするのか、
それとも私には想像もつかないパワーを持って
心から元気にそうしているのか、
わたしには判断ができないことなのですが、
(でもきっとそうなのだと思う。感じます)
その姿を見て、「わたしもがんばろう」と
思えるとき、じぶんはまだまだ大丈夫だと思います。

もうほんとにだめなときは、そういった、
元気に動いているひとを見るとまぶしすぎて
目をそらしてしまう。
「ごめん」と言って逃げ出したくなってしまう。

いま書いたことは結構、いつでも考えていて、
それからもうひとつ階段を上がるように考えることが、
「よし、がんばろう!」ではなく、その、
それを見てつらくなる側のこと。
じぶんが弱くて、それをさらに認識させられて、
ますます動けなくなって、泣くことすらできない。
そういう人たちのこと。
じぶんがそうだったからどうしても考えてしまうんです。
いまもきっと、がんばりたくても立ち上がることすら
怖くてできない人々がたくさんいるのだろう。
「絆」と言われても、誰ともつながれない
ひとがいるだろう。
考えて、祈ることしかできないけれど、
(あ、こうして書いてるのはどうかな)
誰かを忘れるとか、ないことにするとか、
そういうことは、わたし、絶対にしないんだ、と
改めて思った本です。
(それでもこんな風に考えることもなんだか
 あんた偉そうじゃない?とも考えてしまう。
 まいっちゃうけど、それでも考えることにしよう)

読んで元気になれて、まだまだわたし大丈夫だと。
読んで気持ちが落ちる部分では「よし、オマエ休め」と。
思えることが大事だなとも思えた。

連載時、ずっと読んでいたけれど、本になってから
どうにも読む気になれなくて、ようやく、
やっとページをめくれた一冊です。
詳しい内容に関してはふつう(?)のレビューでぜひ。
まだ苦しいひとはゆっくりと、
元気になれそうなひとはすぐに
読んだら良い本ではないかと思います。


折しも「映像記録 3.11 ~あの日を忘れない~」を
見ながら書きました。
もう40年も「巨大地震が来る」と
言われ続けている東海地方。
小学生の頃から地震の避難訓練もしてるし
防災リュックだってずっと前から用意してるのに
あの時、ただただ怖くてなにもできずに
職場でふるえていたことを思い出してます。

とりあえず、部屋きれいにしなきゃな。
(さいごはそこか!いや、シンプルなの大切だし!)


  1. 2012/03/04(日) 21:36:56|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

メールがにがて。

…と、しょっちゅう言っているのですが、
今回は普段のメールではなくて仕事の方で。

ビジネルメールはたいへん便利で
時間も取られず良いものだけれども
困ることもけっこうある。

私は印刷、DTPの仕事をメインにやっていますが
印刷物の「カンプ」と呼ばれるもの…
プリントアウトしたものに赤ペンで
修正を入れてもらって、それを元に
漏れのないように、青のペンで修正した物に
チェックをしながら進めていきます。
とても大事なものなのですが、最近はメールに
テキストだけ打ち込んで済まされるものがあるのです。
「楽でいいじゃないか」と言われるかも
しれないのですが、それではわからんのです。
どこがどうだかわからんのです。
ニュアンスが違ったりもする。
間違いのもとなんです。
困るー。

ただ、いちばん困るのはそこではない。
メールやサーバでのやりとりができるようになって
PDFで入稿も校正もできるし、楽です。
早いです。
しかし、その結果なのか、印刷屋の営業とお客さんが
実際に会って話すことが劇的に減ってしまった。
これがいちばん良くないんじゃないかと考えてます。

なんていうか、できあがりが
「満足してないわけじゃないけど…」と
いうものになることが多くなっているのではないかと思うのです。

実際、発注する側にいる友人の何人かから、
じぶんがやっているのとは関係の無い取引先の
ことではあるけれど、
「もっと提案してほしいのに」とか
「なんで言った通りのことしかやってくれないの?」
「どこでもそうなの?」
なんていうことを訊かれることが増えてしまった。
発注する方というのは
「よくわからないし、どう伝えていいのかわからないんだけど
 やりたいことはある。けど注文の仕方もわからない」
そういう感じにもやもやと思っていることが多い。
作る側はそれを察して、こちらから提案したり
困っていることを聞き出したりすべきだと私は考えてます。
だけど、お客さんと顔を合わせる機会が極端に減って、
オペレータの考えなどはもうまったくと言っていいほど
伝わらなくなっちゃった。

以前は営業がお客さんのところへ行く時に
ついて行って説明したり、提案したりって
できたのだけど、最近はそういうこともできず。
それ、ゆるされない感じになっちゃった。
どんなひとが発注してくれてるのか、ちょこっと
知るだけでもずいぶん変わるのに。

メールや電話だけだと当たり前だけどスピーディに用件だけ。
顔を合わせればまあ、まちがいなく無駄話をする。
でもそれ、無駄じゃないんだなあと今更だけど実感している最中です。
話しているうちに、そういえばここは、とか
前のはいかがでした?だとか、メールではお互いに
訊きづらかったことなどが出せるんですよね。

そう!文章書くって難しいし!
メールで伝えられないでしょ!

そんなこともあって、最近はフラストレーションを
ためつつ作っていることも多いのでした。

「ほんとにコレでいいのかなあ」と思って作って、
営業は「予算がこれだし、これで良いって言ってるし」と言い、
できあがりを見たお客さんは「こんなもんか…」と
ため息をつく。
そんな仕事はつらいだろう。
全員がハッピーな仕事がしたいだろう。

これさあ、やーらしい話で、大きい印刷会社なんかだと
余計にそうなんだけど、メジャーだったり「良い話」が
オモテに出るようなお客さんだととってもていねいに
営業さんが対応するのです。で、良いものができる。
みたいなね。
超絶ミニマムにはたらいている者としては
色々各方面から憂き目にあっております。
どこでもそうなのかなあ。
じぶんのまわりだけなのかなあ。

少なかろうが、メジャーじゃなかろうが、
良いもの作りたいんだようー!
おれはこの仕事好きなんだー!

小さく叫びながら出来る限りのことをするよっ。


  1. 2012/03/03(土) 01:17:58|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

スガシカオ『Hitori Sugar Tour 2012 Vol.22-40』

名古屋ボトムライン公演、行ってきました。
すっごかった。
ライブが終わって、2回「本日は終了」の
アナウンスが入っても拍手は鳴り止まないし、
誰もが帰ろうと言う気持ちになってないくらい。
そのくらいすごかった。

なんというか、所属を辞めてインディーズですら
ないという状態だからか、なのかその辺は
わからないのですが、前に見たときよりも
もっとずっと、違うかたち、大きさ、角度、
どう言ったらいいのかな、とにかく、
魂の入り方がちがってた。
もちろん今までが魂入ってなかったわけでは
絶対に無く、「なんかちがうぞ」という。
ほんとに、私のタマシイも震えまくった。
凄い、としか私の語彙では言い表せないくらいすごかった。
しかもセットリストも私にはかーなーり!
神がかっていて、たまらなかった。

もうね、普段、いろんな場面で
心の中で体操座りで、きらきらした
ひとたちを見てはなにもできてない
自分を呪って涙目になってるような
状態の自分には…あれは…まいった。
まいりました。
何度も泣いちゃった。

だがしかし!MCは超絶おもしろい!
笑いすぎで涙目に!
あの俺様ぶり、たまらん。

シカオちゃんのあの声とメロディと
一曲一曲がまるで一編の小説のような歌詞。
ファンクもロックもバラードも最高でした。
次はFUNKFIREかあ。行けるといいなあ。
ライブハウス最高。だいすき。

いまちょっとまた体調不良で精神的にも
落ちていて、そんな自分に「ちくしょう!」
ってなっているので、元気にもなりました。
くそー。
弱いオノレに腹が立ちます。
どうしていいのかもわからないオノレにも腹が立つ。

でも、そんなんでも「あと一歩だけ前に進もう」
という良い時間でした。
ううっ、シカオちゃんに心から感謝。

やっぱりライブはいいねえー。
次はチャゲトルズだね!
いつかふたりで並んで
「トーキョータワー」と「黄金の月」
うたってくれたらなあ。
(と、強引にこっちネタもくっつける私でありました)


  1. 2012/03/01(木) 00:19:35|
  2. Musicいろいろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。