スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

読了。

伊坂幸太郎『モダンタイムス』
ほぼ、一気読みです。
特にどんな本なのか考えずに図書館の
ネット予約をして、受け取って、
びっくらこいたですよ。
思わず「分厚っ!」と言ってしまって
司書さんに「ですよね」と笑われてしまった。
厚み約4センチ、600ページ強。
二週間で読めるのか?!と思いましたが
まあ、読めました。
マンガ週刊誌での連載ということで
少し軽めだったのかな?というのと、
やはり伊坂幸太郎さん、おもしろい!
すらすら読んじゃいました。
そしてあとがきを読んで、
『ゴールデンスランバー』と並行して
書かれていたことを知って、
これまた「なるほど」
確かに兄弟のような趣があると思います。
伊坂作品「らしさ」がばんばんです。

昨日の話しじゃないですが、近い時期に
知らずに読んだっていうのは
我ながらナイスだったなあ。

あまりに分厚くて重いので、持って歩く
わけにゆかないのでおうちでのみ
読みました。ので、通勤のお供には他の本を。
村上春樹さんの『雨天炎天』と
『約束された場所で』(こちらはまだ途中)
さすがに小説を並行して読むのはつらいかと
思って、紀行文(で、いいのかな)と
ノンフィクションをチョイスしました。

ここまで書いてこの日記のオチを
何処に持って行けばいいのか
わからなくなりましたよ。
そりゃあね、今現在頭の中身は伊坂ワールドで
いっぱいですからね。眠る前にしみじみと
反芻しながら眠りたいと思います。

そうそう、会報も届きました。
継続の用紙が!4月はいろいろお金が
かかってつらいなあ。(オチこれ?)


  1. 2010/04/06(火) 23:32:18|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。