スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

落語つづき?

「今日のダーリン」にて落語をからめた
話しがあったり、「爆門学問」でも
「落語ぢから」なんてテーマだったりしたので
もうちょっと書いてみようかな、と。

ていうかですね、それ以前にね、
機能の文章はひどい!
あかん!
こんなんあかん!
…と、読み直してがっかりしたのです。
ほんと、なんじゃこら。
言いたいことは自分ではわかりますが
これ、きちんと伝わるのか?
それ以前になんちゅうむちゃくちゃな
文章なのかと己にがっかりしました。
でもまあ、眠気MAXでも書いて
おきたかったんだからしゃあない。
しゃあないんです。

という私の落語好きですが、このブログを
読んでるとおわかりかと思いますが
「てきとー」「ただ好き」です。
落語に関するうんちく的なものは
ほっとんど持ってません。
もちろん全く感心の無い方に比べたら
よう知っとるわというくらいには
知っていると思いますが、どこそこの
流派でなんちゃら言う話しがどうのとか
こまか~~~いことはよう知らんのです。
知らなくてもまあ、いいや、です。
上手だなあ、好きだなあ。江戸の人たちの
生き生きとした暮らしぶりが目に浮かぶようだなあ。
しょうもないなあ。
こんな人困るわあ。
なあんてことでたっくさん笑わせてくれる
という単純なところで好きです。
まあ、これは小さい頃から良いものを
見せたり聴かせたりしてくれた
親に感謝です。

落語聴いてると、
「わたしって欲張りすぎなんじゃねえの」
と思えてくるからふしぎ。
だけど欲張っていきたいし、不安は落語では
消しきれないのでやっぱり
「がんばってくかー」と思うわけだったりして。
なあんて、お風呂で考えてました。
その頃の人たちの楽しみ方、みたいなものを
ちょこっとだけ頭の片隅にでもおいてみたら
もっと楽しくなるかもね、とか。

iPodにもう少し落語入れようかなあ。


  1. 2010/09/29(水) 00:45:02|
  2. 落語|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。