スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分にできることのひとつとして

一日にして一億円集まったという
ニュースも耳にしましたが、募金・寄付。
今回のことで私も考えています。
ただ、毎回悩むのは金額のこと。
当然自分で送れる範囲になりますが、
いくらにしても、どうも納得が
いかない部分がありました。

そこで今日読んだこれ。
寄付についての一指針 by @itoi_shigesato


糸井重里さんが
「じぶんひとりを3日雇えるくらいのお金」
という提案をしています。
これは個人的にはすごく納得がいきました。

もちろん、経済状況が悪い現在これは
かなりの金額です。私にとってもちょっと
無理しないといけない額です。
でも、これくらいの無理が、被災状況を
考えても、自分の可能な範囲としても
正しい意味での「適当」なのではないかと
思えました。

じゃあ子どもの善意の百円は良くないのか。
ちがうと思います。
それぞれのものさし、目盛りでもって
「3日分」を考えれば良いと思うのです。
子どもなら三日分のおこずかいでもいい。
今職の無い方ならそれこそ無理はしなくてもいい。
自分の稼ぐ金額や、生活を考えた上で
自分のものさしでもって、決めるための
ひとつのヒントだと思うのです。

個人的にはファミリーマートから送金できるのも
良いなと思ってます。ネットでクレジット送金も
良いけれど、実感として残らないので。
お金ってそのくらい大事だから。
私はお金のことを語らないひと……
例えば仕事に関して、
「金じゃないんだよ!」とか
「すぐに金のことを言うな」だとか
言う人ほど払いが悪いとか逃げたりするんでね。
ははは。

あと、ちゃらけてたらいけないかも
しんないけど、おもしろいこと、楽しいこと、
笑顔になれることを忘れないようにしたいです。
そんな中で井上雄彦さんのこれ、すてきです。


  1. 2011/03/13(日) 23:13:41|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。