スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

眠る。

昔から寝不足に弱いです。
なのに徹夜とかしちゃう。
最近は徹夜自体が体力的に厳しくなってきたので
どうしてもの時以外は25時くらいまでには
お布団に入るようにしているのですが
それでも時々寝て寝て眠りまくるときが
無いとどうにもならないときがあるのです。

以前勤めていた会社では、んもーーほんとに
寝不足につぐ寝不足で、徹夜残業泊まり当たり前。
まあ、文句垂れながらもその仕事は好きだったので
……スキでやっていたのだろうな……。
と、それは良いのですが、やっぱり無理は
たたるもので(日本語としてどうなの)
ときどきバターンと倒れたくなるのです。
そんで有給とったりして、休むのですが
そうするとほんとうーーーに一日中寝てる。
昼まで寝てちょっと何か食べて(食べないことも)
また寝て、そしたらもう終業時間で
せっかくの休日に何も出来なかったとがっくりして、
どうせだからとまた寝る。夜眠れないかというと
そんなことも無くて朝まで寝る。
(起きちゃうこともありましたが)

最近は年齢のせいか、そんなには眠っていられなくなって
(背中とか腰とかの痛みのが勝ってしまうのだ)
なんとも残念な気持ちになったりもするのですが
それでも時々「寝すぎじゃない?」という勢いで
寝てしまう。
ううーん。と思っていたら、石井ゆかりさんの本に
そんなことが書いてあってほっとしました。

ちょっと誰かに背中押してもらったり
肯定してもらったりって、大事だなあ。
自己肯定がうまくできなくても
誰かにそんな風にできたらいいかも。
眠りながらそんなことをちょっぴり思った
三連休でありました。


  1. 2012/09/17(月) 23:31:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。