スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

妖怪大宴会。

水木しげるせんせいが本当に妖怪になってしまわれた。
「取材旅行に行ったのだ」とか「これまでが取材旅行だったのだ」
と言うのもとてもすてきです。

小さい頃から、本当にこどもの頃から
妖怪がだいすきでした。
怖い絵柄の鬼太郎も、あたらしいテレビシリーズの
夢子ちゃんが出るのも、まんがも、アニメも、
映画もぜんぶ全部、大好きでした。
いや、いまもすき。
単行本はセットで持ってる。
いや、持ってるうちにぜんぜん入らないけど。
水木せんせいの本で欲しいのものは山ほどある。

妖怪はもちろんですが、凄まじい戦争体験の
まんがも目がそらせなくて、大人になってからは
8月の半ばになるとそういった作品を読んでいました。
やっぱり今年も読んでツイートしたと思います。

お大福が好きで、おまんじゅうやおはぎや、
なにか甘いものを食べているツイートも好きでした。
あんなにチャーミングで、すでに妖怪で、
そんなひと、他にいなくて、職場で同僚に
こんなことを話しながら涙目になっていました。

「巨星墜つ」という方々のなかでとくべつに悲しい。
かなしいけれど、先に建てておられたイカしたお墓で
妖怪たちと盛大におまつりになってるのかしらね
などと想像するとたのしくもなります。
ツイッターはかなしみなのに、大喜利のようで
なんと素敵なひとであったのかと思うばかりです。

赤塚不二夫せんせいのときもかなあ。
「みんなが笑ってるお通夜がいい」と言って
おられたのは糸井重里さんだっけ。
きっとそうなのだろうなと思います。

「ご冥福をお祈り申し上げます」という
言葉は似合わない気がします。
妖怪になって、身近なところで私たちを
おどろかせたり、ちょっといたずらをしたり、
時に警告をくれたりして、そんなことを
してくださるといいな。

それでもまだやっぱり、あと十年か二十年くらい
新しい作品を見せてほしかったなあ。
むり言うなよう、ってねえ。

うん、せんせいの教えに従って、しっかり寝ましょう。

合掌


  1. 2015/11/30(月) 22:56:41|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

よしぞう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。